太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電のメリットはやはり電気を売って電気代で収入を稼げるところが一番でしょう。
年々売電価格は下る傾向にあるので、電気代で収入を得るには売電価格が高いほうが当然よいです。
設置は早ければ早いほど太陽光発電の恩恵を受けられます。

 

でも、なかなか設置台数が増えないのは導入費用が百万単位でかかるからです。
これがデメリットです。設置したはいいけど、果たして元はとれるのかどうか?
そして最近では、設置後の耐久性はどうなのかという不安が多くなっており、
設置をためらっている方が多数います。
この不安を払拭することができれば太陽光発での導入は増えていくことかと思います。

 

メリットがあればデメリットもある。物事にはこれが付きものです。
太陽光パネルは年々進化を遂げています。今より、数年先はもっと発電能力が向上することが予想されます。
 

数年先を待つのか?それとも売電が高い今導入してしまうのか?迷うところです。
つい最近新商品が多くのメーカーからでましたので、タイミング的には今は一番いいかもしれませんね。
ちなみに新商品は長州産業の太陽光発電が好調です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


| コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:雑談

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像