実発電量は気にしないほうが・・・

ソーラーフロンティアは実発電量が多いから 年間の発電量が他のパネルに比べて多いというのが 話題に上がっています。

しかし、実際に調べてみるとそこにはからくりがありました。 実発電量が多いのは確かですが、

 

パネル1枚の大きさが小さければ小さいほど、発電量の数値は大きいことになります。

 

つまり、ソーラーフロンティアのパネルの大きさは小さいので 発電量は多いことになります。

 

他メーカーのパネルはソーラーフロンティアに比べて大きいので 実発電量の数値は小さくなります。

実発電量という名前は実際に発電した量ですので、宣伝効果としては絶大です。ソーラーフロンティアはそれを売りにしていますが、実発電量はそれほど、重要視しないほうがよさそうです。

やはり最重要視するのは発電効率ではないでしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


| コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:ソーラーフロンティア

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像