海外製なら断然カナディアン

カナディアンソーラーは普及率はそれほどありませんが、太陽光発電の耐久性を重視して導入するなら
断然カナディアンソーラーが強いです。

このソーラーはカナダからやってきました。
カナダというと世界でも3本指に入るぐらい
積雪が多い地域です。

つまり、積雪のような厳しい冬にも
耐えられるので、耐久性には非常に強いです。

国産のものは敵わないのではないでしょうか。
カナダほど、積雪がすごいところは日本には
ありませんからね。

しかも、カナディアンソーラーは保証期間が
長いです。日本ではほとんどはたったの10年ですが、

カナディアンソーラーは25年です。パワコンについても
10年と長期です。パワコンって壊れやすいので10年の長い保証はうれしいサービスです。日本の場合は大抵2,3年ですから。
パワコン自体高額だし・・・

また、コスパも国産に比べて非常に安い!

外国は日本に比べてサービスが太っ腹なんですよね。
日本ってケチ・・・

保証期間が長いのは海外製では当たり前の話で、
どれだけ日本がケチなのかわかります。

コスパが安いのは生産から販売まで一括しているから
マージンが発生しないわけです。

で、相場はどのくらいかというと
だいたい一般的なkw相場は50万~ですが、
カナディアンソーラーは40万切ります。

保証や相場はいいけど、肝心の発電効率はどうなのか?
これも単結晶なので効率は高いと言えます。

海外製のソーラーを選ぶなら断然カナディアンソーラー
がいいでしょう。

ただ、設置にあたり、熟知している業者に任せないと
痛い目に合います。よくある手抜き施工や間違った設置方法で
雨漏りしてしまうからです。

雨漏りまではカナディアンソーラーの保証には入っていませんので業者選びは慎重に行うべきでしょう。

以外にも業者は海外製の太陽光発電を甘く見ています。
海外製のパネルも国内産と遜色は全くありませんので
責任感の強い業者を選びましょう。

一番いいのは施工保証が効く業者です。
たとえ失敗したとしても保証がありますので
雨漏りに対しても保証が利きます。
これは完全な業者の責任ですので。

一言でいうならば
「カナディアンソーラーの設置は業者選びを慎重に!!」
というところでしょうか。。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


| コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:カナディアンソーラー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像