産業用の太陽光発電が一般住宅でも

産業用の太陽光発電は最近注目されています。 一般住宅に設置されるものとは全く別物で 収益が期待できるからです。

10kw以上の設置をした場合になってしまいますが 一般家庭でも十分設置できると思います。

特に最近発売した、東芝の太陽光パネルは1枚の出力が250w の高出力モデルが出たので、屋根がそれほど広くなくても

容易に10kwの設置が実現できます。

東芝のサイトに例があったのですが、 屋根が50㎡あれば10kwは可能なようです。 パネルの数は40枚になります。

それなりに値段は張りますが、 年間売電収入は約46万ぐらいですので

数年後には元をとり、収益があがります。

もし、屋根にスペースがある住宅に お住まいの方はこれを機会に

設置を検討してみてはいかがでしょうか。 見積も無料でしてくれるところがほとんどなので

とくに損をすることはありませんので 実際に設置できるのかどうかぐらいは

見てもらってもいいんじゃないかと^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


| コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:東芝

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像