産業用太陽光発電が話題になっている秘密

産業用太陽光発電が最近話題になっていますが、 なぜでしょうか?

それは単純に利益が一般の太陽光発電に比べて 利益が出るからです。

 

そもそも産業用太陽光発電はご存知でしょうか? 10kw以上のパネルを設置することを言います。

10kw以上になると全量買取制度(固定価格買取制度)になり 発電した分全てを買取りに回すことができます。

一般の太陽光発電は余剰電力買取制度とは訳が違います。 基本的に全量買取制度の方が利益は出ると言われています。

どれぐらいお得かといえば、不動産業で5%から20% 太陽光発電で10%15%の利益が見込めるそうです。 太陽はなくなるものではないので、リスクが全くありません。

ただ、設置には広大な敷地を用意する必要があるのと、 設置費用にまとまったお金が必要になってくることです。

そこをクリアーすれば設置するのがいいでしょう。 多数大手が参入しているのは利益が出るからです。

ちなみに10kw設置するには200㎡ほど必要になります。

また、余剰電力買取制度とは違って、補助金がでません。 でなくても十分な利益がでるからでしょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


| コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:雑談

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像