設置には二通りのパターンが

太陽光発電は設置業者が直接販売店になっている場合と、
販売店と業者が別の場合の2通りのパターンがあります。

どちらがトラブルが少ないかといえばもちろん、業者が直接販売店になっている場合でしょう。

その理由として、トラブル時のレスポンスが非常に早いことです。販売店と業者が別の場合は直接業者に連絡を取ることができず、販売店を介さなければなりません。

その場合はほとんどが、連絡したその日に来てくれることはなく、早くても翌日になってしまいます。

これが直接販売店が設置も行なっている場合は話が違います。
販売店に連絡を取れば、すぐに駆けつけてくれます。

トラブルの時って、すぐに来てほしいことが多いです。
それを考えると、設置業者と販売店は同一であることが
必須でしょう。

検討するうえで、条件としていれたいところです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


| コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:雑談

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像